アジアンエステの選び方

風俗エステってどこも同じじゃないかと思っている人向け。風俗エステ店の選び方。

初めての風俗エステ サイトマップ

アジアンエステの選び方

以前アジアンエステについてペロッと書いてみたが、もう少し踏み込んで書いてみようと思う。アジアンエステと言ってもひとくくりには出来ない。というのもやはり言語の壁もあるし、アジア系のマッサージはものすごく本格的なものも多々あるからだ。アジアン系風俗エステ店と思い込み意気揚揚と乗り込んでいって、「ヌキサービスナイヨー」なんていうのは結構よくある話である。

その代わり、ものすごくヌキなしかアリか微妙なところでも「チップくれたら特別サービスあるよー」みたいなところもあったりして、ある程度日本の風俗手のルールは守られているものの、外国人女性らしいしたたかさを持ち合わせている場合もあるので、ちょっと悩ましいところである。

ヌキありアジアンエステはハイブリッドエステ寄り

アジアンエステは基本的に店舗型であることが多い。なので基本はヌキなしの看板を掲げているところが殆どである。なぜかというと店舗型のお店で性的なサービスを行う場合、警察に届け出をしなくてはならないからである。特に今は店舗型風俗店の出店規制はどこもかなり厳しくそう簡単に開けられるものではない。

その為の"ヌキなし"なのである。ギリギリまで色んなマッサージ(マッサージの内容については当サイトをしっかり読み込んでほしい)をしてもらって、施術者の巧みなマッサージ技術により気持ち良さがピークになったところで「シャワーを浴びてね(ハァト」というのが基本的なやり方である。

可愛さを重視で行くなら韓国系がやはり一番かなと思う。人によっては「整形顔は苦手」とあるかもしれないが、整形大国なだけあって顔だしなしでもハズレにあたる事が殆どない(筆者は今のところない)ため、オススメである。台湾・タイ系の素朴さや、チャイナ系の妖艶さも捨てがたいは捨てがたいのだが・・・やはり顔出し写真が無い分ギャンブル要素は強い。

ヌキなしアジアンエステでエロい要求をしないこと

ヌキなしとかいて、マジでヌキなしのところもちゃんと存在している。そういうところで「ヌいてよ〜」と強要した挙句アジア系なトラブルに発展したという話も聞くので、見極めはかなり重要である。

ヌキなしアジアンエステの場合は2パターンあって、まずはマッサージ自体が本当に本格的なところである。
アユールヴェーダみたいな言葉も出てきそうなくらい本格的なマッサージで、終わった後「あ、一ヶ月くらい頑張れそうかも・・・」というくらい普通に気持ちが良い。やはり値段も整体とあまり変わらないくらい。鼠蹊部やちょいキワをマッサージされることもあるが、ただのリンパドレナージュの一つで、健全な範囲という感じである。大体ジャージなんかの緩い服に着替えての施術なのでわかりやすいですな。

もう一つは、健全系キワキワマッサージである。何が健全かというと条例を守っているところが健全です。キワキワもキワキワ、「ギリギリアウト!」なところまでマッサージしてくれます。ハンドサービスで。本格的なマッサージ店と同じくらいマッサージ技術がある上に、キワキワマッサージという感じですね。お触りだけでも日本人店以上に厳しい対応される事があるので、大人しくきわきわマッサージを受けてください。紙パンツかタオルを掛けられる事が多いですね。全裸施術はないです。

これからFXするならフォレックスドットコム